積極性を失くしたら負け

出勤初日の新人と、勤続20年のベテラン。

この二人の間には天と地ほどの差があり、経験も技術も仕事勘もなにひとつ新人はかなわない。

では新人はベテランに対してまったく勝るものがないか、というと実はそうではない。

例え仕事内容を知らなくても新人がベテランに勝てるもの。それは仕事に対するマインドである。

困難な課題を達成してやろう、どんなトラブルも乗り越えてやろう、会社にとって価値のある人間になってやろう。そんな積極性があるかどうか。

困難な課題を前にして「自分にはできません。誰かお願いします」ではなく、「自分にはできません。どうすればできるようになりますか?」と言えるか。

日々の仕事に対して「これぐらいでいいか」ではなく、「これを改善するにはどうするか?」と考えられるか。

大きなトラブルにも「誰かが何とかしてくれるだろう」ではなく、「自分にできることは何か?」と手伝えることを探せるか。

急激な成長が求められている今の時代、向上心がないものは評価しようがない。

それはベテランでも同じ。むしろベテランの方が積極性は薄れていく。

積極性を失くしたらベテランも新人に劣る。

よもや新人が積極性を失くしたら終わり。

仕事を始める前に気を付けたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする