TIME SHOPとは?

タイトル

「知識」を「力」に変えるフィットネスジム

愛するあなたへ。

TIME SHOPへようこそ! オーナーのナカガワ社長と申します。

まずはあなたが訪れてくれたことに感謝します。

さて、初めてご来店頂いたあなたは「TIME SHOPって何?」とさぞかし疑問に思っているのことでしょう。

そんなあなたのためにTIME SHOPという場所について徹底的にご説明いたします。

TIME SHOPは【読書でビジネス力を高め、人生を豊かにするお手伝い】をする場所です。

例えば、お金持ちの88%は一日に30分読書する習慣がある、という研究結果があります。

様々な研究によれば、成功者ほど読書する 愛するあなたへ、こんにちは。 ビジネス本のソムリエ、ナカガワ社長です。 今日は朝か...

昨今の様々な研究から、年収の高い人・成功者・偉人と呼ばれる人達ほど読書量が多いという統計的なデータが出ています。

そして事実、多くの成功した著名人が読書家です。

例を挙げれば、ビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、マーク・ザッカーバーグ氏、イーロン・マスク氏。全員が伝説的な成功者たちです。日本人でも柳井正氏、孫正義氏、羽生善治氏など挙げれば数え切れません。

しかし読書が成功をもたらすという考え方は一部の読書家達が語っているだけで、あまり広く浸透していません。

しかし現実にそういった事実を目の前にした時、それでも「読書しない」のは成功をドブに捨てているも同然です。

読書をすれば成功へ近づくことはかなり信ぴょう性の高い事実です。

ところが、現状の日本人の読書率はどれぐらいかご存知でしょうか?

文化庁の「国語に関する世論調査」によると、日本人のマンガ・雑誌を除く1か月の平均読書数は「1.2冊」だったそうです。

意外に「お、毎月1冊ぐらいはみんな読んでいるのかな?」と思いきや、まったくそうではありません。

実は日本人の47.5%は1冊も本を読んでいません。

しかもこれは小説やエッセイもカウントされているので、ビジネス書や教養書、専門書の比率はもっと低いという事になります。

先ほど挙げたお金持ちの88%は読書を習慣にしているという話ですが、一つ注意したいのはお金持ちが読んでいるのは主にビジネス書の類であって、小説など娯楽目的の読書ではないという事です。

小説はどれだけ読んでも、成功に因果関係があるかは不明です。

人生を豊かにはしてくれますが、そういう意味では別の趣味でも同じ効果があります。例えばカラオケが趣味でも、フットサルが趣味でも、美少女フィギュア集めが趣味でも、人生は豊かになるはずです。

しかし残念ながらそれらの趣味は、人生やビジネスの問題を解決し、あなたに成功をもたらすモノではありません。

問題を解決し、長期的な成功をもたらしてくれるのはビジネスや人生に役立つ読書です。

ビジネス書や専門書、教養書などのノンフィクションの濃い知識が詰め込まれた本を読むことこそ、誰でもできる成功に近づく道なのです。

ビジネス書なら何でもいいのか?

色んな本

読書があなたの成功に欠かせないものであることは分かっていただけたと思います。

しかし実際問題として、浜辺の砂のように無数にあるビジネス書から、あなたはどの本を選べばいいのでしょうか?

ビジネス書もそのクオリティはピンキリです。内容が濃く素晴らしい本もある一方で、あまりにスカスカで「個人ブログを読んでいた方がマシ」だと思える本もあります。

本当に素晴らしい名著は、無数にある本の中でも数えるほどしかありません。

それに輪をかけるように出版社は売上不調から刊行数が増加傾向にあり、年間の本全体の種類は2001年に7万点だったものが、2015年には8万点と、13.5%も増加しています。

ビジネス書のデータに関しては少し古いですが、2008年の刊行点数で5453冊。2017年までに約10%ほど伸びていると予測すると、現在は6000冊前後のビジネス書が毎年発売されている事になります。

しかし、1日1冊読んでも1年で365冊しか読めません。6000冊全部を読むには毎日16.4冊読まなければならない計算です。

毎日ひたすら読書だけに費やしていても読めないですよね笑

1年で365冊読んでもかなりの読書家です。なぜなら日本人の年間読書平均は「12冊ちょっと」でしかないからです。(しかも小説など娯楽本含む)しかも日本人の47.5%はそもそも読書していません。

なぜこんな事が起こるのでしょうか?

理由の一つは、1冊の本を読むためにはまとまった時間が必要だからです。

普通に仕事や学業を持つ人であれば、1か月に1~3冊でも読めれば十分ではないでしょうか?

事実、日本人で一か月に3冊以上の本を読む人は11%程度しかいません。その中でも「ビジネス書だけを1か月に3冊以上読む人」は日本人のたった数%しかいないのです

ビジネス書3冊では、毎月毎月「中身がスカスカの本」を選ぶ可能性は高くなります。

なぜなら毎月3冊、1年間36冊の読書量というのは、年間発売されるビジネス書6000冊のたった0.6%しか読めていないからです。

年間発売される0.6%の本が「中身のスカスカな本」だったとしても、何も不思議ではないですよね?

しかしだからといって読書を諦めるのは、あまりにもったいないと思います。

無数にあふれるビジネス本の中で特に良質な本だけを読むなら、あなたはその他大勢の中から頭一つ飛びぬけて成功に近づくことができるでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?

「読書はすべきっていうけど、6000冊も年間発売するんじゃうまく良い本を見つける自信がないよ。一体どうすればいいの?」と不安に思うかもしれません。

でもご安心下さい。

TIME SHOPがそんなあなたの成功をサポートします。

TIME SHOPが提供するモノ

TIME SHOP

TIME SHOPはあなたが少ない時間と労力で、読書から最大限の効果が得られるお手伝いをします。

例えば読書の最初のステップである【本選び】。

この本選びでハズレを引くか当たりを引くかで、そもそも読書で得られるモノが大きく変わります。

この一番基礎にして重要な部分も、TIME SHOPでは多くの書評記事を掲載することであなたが本を選ぶ手助けをしています。気になった本の詳しい書評を読むことで、あなたはそのビジネス書が自分に必要かどうかの判断を下すことができます。

カテゴリーもそれぞれの人が学びたいビジネススキルに合わせて、仕事術、経営術、営業、社史……などでわかりやすく分類しています。

また書評記事を読んでも自分にはどれが向いているのかわからない、そもそも本を選ぶのが面倒くさい、時間がもったいない、といった人に向けて【選書&解説サービス】も行っています。

これは簡単なアンケートに答えて頂くだけで、私があなたにピッタリの本を選ぶものです。

本選びで失敗する可能性が大きく減るだけでなく、「どの本を読めばいいのか……」と悩む時間も大きく削減できる効率的なサービスです。

さらにプラスで解説もつけるため、あなたがその本を読む時の理解度がまったく違ったものになってくるばかりでなく、内容を読まずとも要点を抑えて濃い知識を学ぶことができます。

他にもまだまだ読書を「より効率的」に、「濃く学ぶ」ためのサービスを提供していく予定です。

TIME SHOPはさながらフィットネスジムのように、短時間で強力にあなたのビジネス力の向上を促すことをお約束いたします。

businessの語源は「busy(忙しい)」。

現代に活躍する人の多くは、読書する時間も取れないほど多忙な日々を送っています。

それでも『読書』が成功に重要な要素である以上、TIME SHOPはフィットネスクラブのように、短時間でも本から深く濃い知識を学べるよう、お手伝いするサービスを提供していきます。

もし興味をお持ちでしたらぜひ、まずは選書&解説サービスへの私の想いをご覧ください。

最先端の情報収集サービス 「代読」はあなたの専属トレーナーである私があなたに必要なビジネス書を選び、その内容を解説する、いわばビジネス...

それでは今後ともTIME SHOPをよろしくお願いいたします。

良ければお気に入り登録をして頂き、定期的にブログを訪問して頂けたら嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとう。あなたが好きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする